ナースのお仕事

定年後のナースのお仕事〜いつまで働ける?

ちいちゃん
ちいちゃん
あ〜イタタッ。

 

かんな
かんな
 大丈夫?腰?

 

ちいちゃん
ちいちゃん
 いや、膝。ワールドカップの応援にかこつけて最近夜はお酒飲んでたし・・痩せなきゃ〜

 

かんな
かんな
 別に急に変わってはないけど・・体重増えると膝にくるもんね。

アクティブなちいちゃんもなんだかんだと痛みや故障を抱え、持病と付き合いながらの生活です。小顔で肩幅がないのでパッと見は7号サイズくらいですが、実は中央集権型の体型。

「パッと見わからなければいいんじゃない?」というのは若い人の理屈で、60代にもなれば体調に直結するのでサプリメントなど色々試しています。(また別の機会にご紹介しますね)

ナースの現役はいつまで?

そんなちいちゃんに聞いてみました。ズバリ「ナースはいつまで現役で働けるか」問題。

実際、職場や担当する業務によって負荷も全然違うので一概には言えないと思います。でも、ちいちゃんと同じように、定年後はパートナースとして働いている人は少なくありません。

 

ちいちゃん
ちいちゃん
 施設なら70代でも働いてる人はいるよ。でも、さすがに80代は聞かないな。

 

かんな
かんな
 そう言えば今の同僚も70代だって言ってたもんね。

 

ちいちゃん
ちいちゃん
 うん。でも一人で旅行に行ったり結構アクティブよ。

 

かんな
かんな
 すごいねえ。

ちいちゃんがこれまで働いているのを横で見ていて、ナースは本当にハードな肉体労働だなと思っていました。日勤・遅番・夜勤・明け・公休と書き込まれたカレンダーを見たり、オンコールの時には眠れないという話を聞くと、とにかく体への負担が心配でした。

ナースとしてバリバリ働いてる人からすれば当たり前なのでしょう。でも、畑違いの仕事をしている人間からすれば、その生活で体調管理できることまで、必要なスキルであるような気がしてなりません。

ちいちゃん曰く、老人介護施設では自分より年配のナースと働くこともざらにあるそうです。ただし、デイサービスやショートステイの日勤担当などは、夜勤やオンコールもなく、生活リズムには大きな影響がない点でハードルは低くなります。

 

ちいちゃん
ちいちゃん
 やっぱりさ〜、暑かろうとなんだろうと仕事があれば出かけるわけでしょ。メリハリが出るし、ボケ防止にもなるわけよ。

 

かんな
かんな
 ボケ防止って。

 

ちいちゃん
ちいちゃん
 いや、冗談で言ってるんじゃないよ。ホント、この歳になれば自分がどんどん壊れていってるような感覚が常にあるんだから。働かないと歩かないから、筋力も衰えるでしょ。職場で新しいことに触れると調べたりするし、知力という意味でも大事だと思う!

現役ナースとして長くはたらくということ

ちいちゃんが働く理由の一つは経済的なものです。まだ年金が全額支給される年齢ではなく、稼ぎがないと少し先の生活に不安を覚えるという状況。もちろん、社会との関わりを楽しむという一面はありながらも、自分の足で収入を得るというのは重要な動機です。

 

ちいちゃん
ちいちゃん
 やっぱり細く長く働けるってことは大事!だから、自分自身にとって良い環境を作っていかないと厳しいと思う。
  • やりたいことは何か
  • どんな風に時間を使いたいか
  • どこで生活したいか

定年前後のナースは「自分にとって心地よいリズムの生活を考えていくことをオススメしたい」とちいちゃんは言います。もちろん自分の体力と相談しながら。

それが今の職場で叶えられるのであれば、それはそれで結構。

でも、定年後働ける保証がなかったり、実はストレスフルで耐えられるか不安だったり、他にトライしたいことがあったり。

ちいちゃん
ちいちゃん
 そんな人は一度立ち止まって、自分にとって心地よく、細く長くが実現できる職場や働き方を見つけてほしいわ。

ちなみに、同じ職場でも時短にしてもらうといった労働時間の調整もありだと言います。

 

ちいちゃん
ちいちゃん
 全く新しく入ってきた人に教えるのってタイムロスになるし、育成コストとか考えたら案外要望は通るかも。

たしかに。働きなれた職場で続けていきたいという方は、すでにそういう調整は考えているかもしれませんが、ご参考までに。

 

かんな
かんな
 ちいちゃんはいつまで働けそう?

 

ちいちゃん
ちいちゃん
 うーん。わからないけど、膝がダメになったらさすがに引退かな。

 

かんな
かんな
 無理しないでね。でも、歩けるうちにまた一緒にヨーロッパに行きたいね(うふ)。

ちいちゃん
ちいちゃん
全然違う話になったね。でも行きたいね。ふふふ〜。
看護・ナースのお仕事ブログ
ちいちゃん
ちいちゃん
ナースのブログランキングに登録中です。応援よろしくお願いします。
 にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
ちいちゃんイチオシ!ナース人材バンク
定年後、デイサービスなどでの仕事を求めて登録したのが最初。その時の転職は実務内容が希望とずれていたという残念な結果になってしまったが、担当者のケアは行き届いている。上京に伴い登録解除を申し出たのをきっかけに、新居付近で改めて求人を紹介してもらえた。
評価
実績 定年後最初の転職と現職の2件はここでの紹介によるもの。求人件数も多数。
登録者との関わり方 地区ごとに担当がいる。仕事のスタイルや希望する業務内容について対面で話をし、その上で紹介してもらう方法。求職中は毎日のようにメルマガで求人が届く。
ポイント 特に今回の担当の人がとても親切で印象的だった。面接に際して履歴書の書き方までアドバイスをくれた。

公式ページ